So-net無料ブログ作成

平成の次の元号(年号)はどうなる?未来人が教えてくれた? [ニュース]

天皇陛下が「生前退位」をされる意向を示されたというショッキングなニュースが日本を駆け巡りました。
長らく続いた「平成」も終わってしまうのか?
といった、疑問も飛び交っています。
平成の次の元号(年号)はどうなってしまうのでしょうか?

調べてみました!


スポンサードリンク








年号と元号って違うの?




先日の天皇陛下の「生前退位」をされる意向を示されたとの報道。
実際に生前退位なされた際には現在の「平成」から次の元号(年号)に変わることと思います。


ちなみに「年号」と「元号」の違いですが、実際には正式な違いはないそうです。
言い方の違いという認識でも問題ないかと思いますが、一部では

・年号 = 例、「2016年」などの数字で示したもの
・元号 = 例、「平成」「昭和」などの漢字で示したもの

とありますが、そこまで気にしなくても大丈夫でしょう!


平成の次の元号(年号)は決まってるの?



不謹慎でありますが「平成」に入ってもう27年。
さらに先日報じられた天皇陛下の「生前退位」によって「平成」の次の元号に注目が集まっています。

では、現在「平成」の次の元号は決まってるのかというと・・・
おそらく決まってないのではないか?と想像されます。


ここで「想像されます」という表現にしたのは、あくまで噂の域ですが過去に昭和天皇が崩御された際に新しい元号を、とある新聞社がニュースとして公表したことがあったそうです。

その影響を受け、本当は別の元号になる予定だったのですが急きょ「昭和」に変更した、という逸話があります。

ここからわかるように、元号が変わる際には、表に出ないようにかなり厳重な審議が行われると想像されます。
なので、現在「平成」の次の候補がネットなどで挙がっていたなら恐らくそれは「平成」の次の元号になることはあり得ないということだそうです。


ちなみに「平成」が選ばれた理由は・・・




昭和天皇が崩御された1989年1月7日、次の元号をどうするかの懇談会が開かれました。
その際に上がった候補は「平成」「修文」「正化」の3つ。

その中であっさりと「平成」に決まったといわれています。
でも何であっさりと決まったのでしょうか?


その理由は「修文」と「正化」はローマ字表記にすると「syubun」と「seika」。
共に頭文字は「S」ですよね、つまり「昭和 = syowa」
頭文字が同じ「S」になってしまうんです。

たまに何かの書類に生年月日を書く際
「S何年」とか「H何年」とか書いたことが一度はあるかと思います。

こういった理由から「平成」が誕生したとのことです。


なので「平成」の次の元号で言えることは

「ローマ字にした際、頭文字がM、T、S、H、O(オー)以外になる」ということです。

O(オー)は、パッと見た際に数字と読み間違えてしまう可能性が高いためだそうです。


そんな中でも元号の候補があるの?




上で、ネット上である情報は次の元号にはならない。
そう書いておきながらネット上にはやはり次の元号に関する噂があったりします。
ネットの情報なので、あくまで「そんなのあるんだ!」くらいに留めておいていただければ幸いです。


まずは「安久(あんきゅう)」
これは歴史学や日本史などを専門に研究している学者の間で出回っていると囁かれている噂です。


スポンサードリンク





次は「安明(あんめい)」
この元号は、天皇が入院された際に次回の元号に関する会議が開かれたみたいです。
その中で、候補の一つとして挙がったの「安明」。

その言葉の理由としては、平成は、バブル経済の崩壊、阪神大震災、東日本大震災などの様々な災害や事件、事故がありました。
さらに日本は、先の見えない不況に立たされています(諸説ありますが)。

そういった情勢の中でも「日本国民みんなが安らか、かつ、明るく暮らせるよう」という意味が込められているそうです。


ちなみに「安」と「明」は「安」は過去に17回、「明」は7回も元号に使用されています。
ほぼ、日本人に浸透している漢字といっても過言ではないですよね!


ネタか?未来人が教えてくれた「平成」の次の元号?



上ではまじめな話をしていましたが、ここからはちょっとオカルトな話。

「あなたは、未来人を信じますか?」

未来人とは、言葉の通り未来から来た人間のことを指す言葉です。
よく漫画だったり、アニメだったり、ドラマだったり、タイムトラベルをテーマとした作品が世の中には数多く存在しています。
その内、一つくらいは本当にあってもいいのではないかなぁって個人的には思っていたりします。


さて、その未来人の事なのですがちょっとまとめると

・ネット上に突然現れた
・彼は2058からやってきた
・その際に「平成」の次の元号について語っていた

ということだそうです。


元号というマイナーな情報を教えてくれたというのはなかなか興味深いですよね。
私なら、世のため人のためになるような情報を率先して残していきたいと思うのですが(笑)
もしかしたら、歴史を変えないための未来での取り決めがあるのかもしれません。


その未来人が教えてくれた「平成」の次の元号は「安始(やすし)」


パッと見た読み方では「あんし」に読めてしまうのですが「やすし」だそうです。
ご丁寧に読み方も教えてくれたそうです。


この未来人の残した情報、果たして当たるのかどうかは元号が変わったその時に全てがわかります。
本当に「安始(やすし)」になるのでしょうか?


個人的には友人に「やすし」が居るのでちょっと気まずいところもあります。


まとめ



現状「平成」の次の元号(年号)は、まだ全く分からない。
というのが正直なところです。

ネットで諸説ありますが、やはりネットでの情報ですので明確な出所であったり、証拠に乏しいというのが現実です。

一体、平成の次の元号はどうなるのでしょうか?



以上!

平成の次の元号(年号)はどうなるの?

でした!

最後までお付き合いありがとうございました!


スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。